文化 - 韓国旅行情報

光州ビエンナーレ展示館(광주비엔날레전시관)

光州ビエンナーレ展示館(광주비엔날레전시관)

0     2023-01-31

クァンジュ広域市プッ区ビエンナーレロ111

光州(クァンジュ)ビエンナーレ展示館は1994年創設以来、数多くの展示会を通じて大韓民国をはじめとする世界の美術文化に大きく貢献しています。ビエンナーレの開催により多くの人々に楽しさと活気を与えられるように励んでおり、韓国のアーティストたちを世界に紹介する媒介の役割を果たしています。
ビエンナーレ展示会は1回で終わるものではなく、ビエンナーレを開催した光州地域の価値を高め、持続可能なプラットフォームになれるよう、多様な試みを続けています。
新型コロナをきっかけにオンラインサービスを展開し、現地訪問できない人も展示サービスが体験できるようにコンテンツを提供しています。光州ビエンナーレの展示期間には本展示、特別展示、国際学術大会など多様なイベントと展示の観覧、体験ができます。

韓希源美術館(한희원미술관)

0     2023-01-31

クァンジュ広域市ナム区ヤンチョンギル27-6

楊林洞(ヤンニムドン)路地裏にある小さな韓屋美術館、韓希源(ハン・ヒウォン)美術館。画家・韓希源は楊林洞で育ち、画家として影響を受けた故郷・楊林洞の愛や癒し、芸術の精神を守り続け、それを表現するために、2015年7月に李章雨(イ・ジャンウ)家屋と崔昇孝(チェ・スンヒョ)家屋の間に位置する小さな韓屋を買い取り、美術館として変貌させました。芸術への敷居を低くし、親しみやすい美術館にした韓希源美術館は、皆に開かれた空間です。気軽に訪れて絵を鑑賞し、芸術を通して癒されましょう。

現代モータースタジオ高陽(현대 모터스튜디오 고양)

現代モータースタジオ高陽(현대 모터스튜디오 고양)

0     2023-01-26

キョンギ道コヤン市イルサンソ区キンテックスロ217-6

現代モータースタジオ高陽(コヤン)は現代自動車(ヒュンダイ自動車)の自動車複合体験空間です。
ソウルにあるモータースタジオは自動車文化と芸術を通じてブランドを実感できる空間ですが、高陽の現代モータースタジオは自動車の楽しさを再発見する「自動車文化空間」というコンセプトで差別化を図っています。

光のバンカー(빛의 벙커)

0     2023-01-26

チェジュ特別自治道ソグィポ市ソンサン邑コソン里2039-22

かつて国の基幹通信施設だった古いバンカー(bunker)が2012年に民間に売却され、「光のバンカー」へと生まれ変わりました。捨てられた場所が展示会場へと生まれ変わり、都市再生の機能も果たしています。
光のバンカーは芸術と技術、美術と音楽の融合による文化再生をコンセプトにした没入型メディアアートプロジェクトです。グスタフ・クリムト、フィンセント・ファン・ゴッホといった巨匠の作品をプロジェクションマッピング技術で具現化し、観覧客に対して芸術への新しいアプローチと鑑賞方法を提案します。没入型メディアアートは、視覚を超えて共感覚的に芸術に没入する経験を提供することにより、多様な芸術作品を容易に理解・鑑賞できるように助けてくれます。スピーディーに展開する動画に合わせて流れる壮大な音楽も、没入型メディアアートにはなくてはならない存在です。1本の映画のような動画から作家の人生と作品世界をじっくり理解する楽しさがあります。

文化製造廠(문화제조창)

文化製造廠(문화제조창)

0     2023-01-19

チュンチョンブク道チョンジュ市チョンウォン区サンダンロ314

文化製造廠(ムンファジェジョチャン)は、1946年から2004年まで清州(チョンジュ)の煙草製造廠として利用されました。2021年の文化中心都市再生事業により商業施設・文化体験施設・工芸クラスターを整備した複合文化空間へと生まれ変わりました。従来の建物をリニューアルしたため、柱や壁、煙突からかつて煙草製造廠だったことがわかります。文化製造廠では工芸都市・清州の名にふさわしく工芸関係の展示が頻繁に開催されます。1階はグルメとショッピングモール、3~4階は韓国工芸館があり無料工芸展示を観賞することができます。5階は清州開かれた図書館とキッズカフェがあり家族連れに人気です。コンサートホールでは随時多様な演劇や音楽会が行われ、清州市民たちが文化を享受するチャンスを拡大しています。

金浦アートビレッジ(김포 아트빌리지)

0     2023-01-16

キョンギ道キンポ市モダムゴンウォンロ170

常時文化芸術が体験できる各種文化芸術体験場、レベルの高い展示が鑑賞できるアートセンター展示館、1回に1,000名まで収容できる屋外ステージ、伝統遊び体験場などを備えています。伝統韓屋で宿泊できる伝統韓屋宿泊体験館、芸術サークル団体が自由に創作活動を展開することができる多目的ホールと稽古室、誰もが楽しめるVR(仮想現実)体験館など、市民が日常で文化芸術を享受できる複合文化芸術スペースとなっています。

アモーレパシフィック美術館(아모레퍼시픽미술관)

アモーレパシフィック美術館(아모레퍼시픽미술관)

0     2023-01-16

ソウル特別市ヨンサン区ハンガンデロ100

白磁をモチーフにし、龍山(ヨンサン)を代表する建築物となったアモーレパシフィック本社の新社屋1階に美術館があります。ソウル特別市ヨンサン区に位置するアモーレパシフィック美術館は、アモーレパシフィックの創業者、故・徐成煥(ソ・ソンファン)会長のコレクションを展示していた博物館を、2009年にアモーレパシフィック美術館(APMA、Amore Pacific Museum of Art)に改称したものです。「日常の中の美しさを発見する開かれた空間」を目指し、人々と触れ合う場所を目指して設立されました。このような目的に沿って、韓国の古美術と国内外のモダンアートを収集・研究・展示しており、関連研究者や学会、若手アーティストを支援しています。地下1階の展示室では、古美術とモダンアート、韓国美術を網羅する多彩な企画展が開かれています。地上1から3階まで続く「アトリウム」の1階には、美術館のロビー、ミュージアムショップ、展示スペースの「APMAキャビネット」、世界の展覧会の図録を集めたライブラリー(apLAP)があります。

国立大韓民国臨時政府記念館(국립대한민국임시정부기념관)

国立大韓民国臨時政府記念館(국립대한민국임시정부기념관)

0     2023-01-16

ソウル特別市ソデムン区トンイルロ279-24

国立大韓民国臨時政府記念館は、大韓民国臨時政府が掲げた自主独立、民主共和制の精神とその誇り高き歴史にスポットライトを当て、後代に伝える目的で建てられました。臨政政府記念館の規模は、敷地3,656平方メートル(1,106坪)、延べ面積9,7036平方メートル(2,935坪)、展示面積2,240平方メートル(678坪)で、地下3階・地上4階建てとなっており、3つの常設展示室と1つの特別展示室、ラキビウム(ライブラリー・アーカイブ・ミュージアムを意味する合成語)、象徴広場、収蔵庫、多目的ホール、屋上庭園などで構成されています。

GROUNDSEESAW 西村(그라운드시소 서촌)

0     2023-01-16

ソウル特別市チョンノ区チャハムンロ6ギル18-8

GROUNDSEESAW(グラウンドシーソー)は、歴史と芸術、文化が織り成す鐘路・西村(ソチョン)に位置しています。展示・制作を専門に手掛ける「メディア&アート」の複合文化施設で、建築事務所「SoA」と造園専門のスタジオ「Loci Studio」が設計しました。GROUNDSEESAW西村では、様々な展覧会を見ることができます。

在韓日本国大使館公報文化院(일본공보문화원)

在韓日本国大使館公報文化院(일본공보문화원)

19864     2023-01-11

ソウル特別市チョンノ区ユルゴクロ64

在韓日本大使館公報文化院は1971年7月30日「在韓日本大使館公報官室」としてガールスカウトビルにオープンしました。1975年2月15日に現在の建物である国源ビル1階に移転、数回の拡張を経て現在の規模となりました。1988年1月1日より「在韓日本大使館広報文化院」に名称を変更、1993年4月1日には「広報」を韓国でよく使われている「公報」に変更して現在と同じ「在韓日本大使館公報文化院」となりました。
さまざまな日本の文化に接することができる在韓日本大使館公報文化院には1階に日本情報広場・J.I.Square、2階に展示スペース「シルクギャラリー」、3階には座席数100席を超えるホール・ニューセンチュリーホール、日本音楽情報センター(JMIC)、留学/JETプログラム相談室といった施設があります。