自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))

  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))
  • 自由の橋(坡州)(자유의 다리(파주))

説明

臨津閣(イムジンガク)広場前の望拝壇(マンベダン)後方にある橋・自由の橋(チャユエタリ)。
1953年、韓国戦争で捕虜となった1万2,773人がこの橋を渡り南側へ帰還したことから、「自由の橋」と言われています。
元々京義線(キョンイソン)の鉄橋で、上下それぞれ1本ずつの橋がありましたが、韓国戦争中の爆撃により破壊され、橋脚のみ残っている状態でした。北に捕らえられた戦争捕虜を帰還させるため、臨津江(イムジンガン)下流(西)側の下り線にあった橋の橋脚に橋桁を架け、橋板を置いて復旧させ、この仮設の橋を完成させました。当時、捕虜らは車で京義線のこの橋の北端までやってきて、歩いてこの橋を渡りました。自由の橋は全長83メートル、幅4.5メートル、高さおよそ8メートルの規模を誇る橋です。
自由の橋は当時、木材を組んで造りましたが、特に荷重がかかる部分は鉄材も使いながら造りました。
仮設の橋であったため、建築的観点からはあまり素晴らしい点はありませんが、「自由への帰還」という象徴的な意味において、韓国戦争を代表する戦争遺産と言うべき橋です。


ホームページ

http://www.pajusisul.or.kr


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-31-953-4744

駐車場施設 : あり


詳細情報

Restrooms


Parking Fees


位置

キョンギ道パジュ市ムンサン邑イムジンガクロ148-53